立憲民主党はどこに行くのか ~練馬区議会から~

 初回投稿日 2024.06.20

区議会の第二回定例会は、残すところ最終日の本会議のみとなりました。最終日に本会議で採決となるのは、おそらく1議案のみ。今回は各会派の意見が鋭く対立する議案は比較的少ない議会となりました。

一方、区民からの陳情については、懸案・争点となっている政策に関するものがたくさん出され、計8本の陳情が3日の本会議での討論・採決となりました。その結果が、次の表です。(当初掲載していた表は、陳情49号と52号の番号が逆になっていましたので、差替えています)

会派の略称 自民党:練馬区議会自由民主党/公明党:練馬区議会公明党/立憲民主:練馬区議会立憲民主党/共産党:日本共産党練馬区議団/練馬会議:練馬区議会未来会議・都民ファーストの会・国民民主党/インクル:インクルーシブな練馬をめざす会/維新の会:練馬区議会日本維新の会/生活ネット:生活者ネットワーク/つながる:つながる市民・練馬/みどりの風:練馬区議会みどりの風/参政党:練馬区議会参政党/れいわ練馬:れいわ新選組練馬

いずれの陳情もたくさんの署名が添えられ、区民の思いの詰まったものでしたが、すべて不採択となりました。私は60号と54-55号で陳情に賛成の立場から討論に立ちましたが、大勢は変わらず。残念でなりません。

しかし、それにしても衝撃だったのは立憲民主党の行動です。立憲民主党が賛成したのは、国政マターでもあるインボイスの経過措置延長を求める56号と、保育園の廃園の是非を直接には問うていない52号だけです。石神井再開発も、美術館建て替えとセットになったサンライフの解体も、谷原保育園や大泉学園町福祉園の廃止も、大二中の校庭を分断する道路計画も、全部容認してしまいました。

立憲民主党は、どこに行くのでしょうか。

上に紹介した各陳情の採決があったのは、定例会初日、6月3日の本会議です。その後、議会は人事に入り、8日に議長・副議長、監査委員、各委員会の正副委員長の選挙がありました。そして、ここで立憲民主党はさらに大きく踵を転じ、自民党や公明党と事実上、一体となった行動に出ます。

まず、議長選挙です。

議長選挙の結果は
■福沢 剛(自民党) 38票
■小松あゆみ(共産党) 12票
となりました。小松議員の12票は、共産党5、インクル3、生活ネット2、れいわ1、それに私・池尻です。一方、残りの会派は皆、そろって自民党の福沢議員に票を投じました。立憲民主党の6票も、その中に含まれます。

立憲民主党が議長選挙で自民党に投票したのは、私が確認できた限り、今回が初めてです。一昨年、2022年6月の選挙では立憲民主党は、他の野党系会派と統一した行動をとりました。
昨年の議長選挙では、野党系会派の統一が崩れましたが、立憲は自分の会派の議員に票を投じ、自民党に入れることはしませんでした。
そして今年は、ついに自民党に投票…2年かけて、立憲民主党は区議会内での立ち位置をすっかり転じてしまいました。

それだけではありません。議長選挙の後に行われた各委員会の選挙では、立憲民主党に副委員長のポストが3つも配分されました。各委員会の正副委員長は、ずっと以前はドント方式と言って、野党系の会派も公平に配分する仕組みを使っていたのですが、今は選挙で選びます。自民党、公明党など前川区政を支える会派は、どの委員会でも多数を握っています。これらの会派が票を入れてくれなければ、立憲は副委員長のポストも取れません。今回は、自公などが票を入れてくれたおかげで、立憲は副委員長のポストを取りました。ちなみに、過去3年のポスト配分はこうなっています。

正副委員長のポスト配分
2022-2 委員長-自民6、公明3 副委員長-自民4、公明3、練馬会議2
2023-2 委員長-自民6、公明2、練馬会議1 副委員長-自民3、公明3、練馬会議2、維新1
2024-2 委員長-自民6、公明2、練馬会議1 副委員長-自民3、公明2、立憲3、維新1

要するに、議長から正副委員長までの人事全般について、立憲民主党は自公と調整・合意した、もっと率直に言えば取引をしたのです。ポストを渡すのですから、当然、自公は何かを得ようとしたはずです。なんなのでしょうか? もしかしたら、最初に触れた陳情の採決に対する態度はその一つだったのでしょうか。もしそうだとしたら、いよいよもって残念至極です。

つい二年前、立憲民主党は、他の野党系会派とともに現職の前川区長に対抗して候補を立て、区長選挙をたたかいました。候補者は、立憲の関係者の強い後押しで出てきた方でした。そして、去年の区議会議員選挙では、ついに自民党・公明党の議会多数が崩れました。共同して議会、そして区政を変える大きなチャレンジの始まりと思ったその矢先に、これです。

立憲民主党は、どこに行くのでしょうか。

コメント

  1. 佐々木 より:

    区長と同じとなれば 要らない よ。

タイトルとURLをコピーしました