放射線測定機器の貸し出し

 今日6日の企画総務委員会と環境まちづくり委員会で、「町会自治会等に対する放射線測定機の貸出しについて」という報告がありました。貸し出されるのは、区が独自に購入した簡易測定機DoseRAE2 PRM-1200 を10台、講習会の受講や「他人の土地での無許可測定の禁止」などを守ることを条件に貸出すというものです。想定されている貸出し対象は、「町会・自治会および登録環境団体」約300団体。
 あまり時間がなかったのですが、質疑をしました。趣旨は「貸出対象を環境活動団体や子育て団体にも広げるべきだ」というもの。なぜ町会・自治会に限定するのか、どうして清掃関連だけなのか、子どもたちの地域活動を支えている団体などでも自主測定への要望は強いはずです。
 私の要請に対し、危機管理対策本部の事務局でもある安全安心担当課長からは、こんな答弁がありました。

 今般につきましては地域の清掃活動を実施しております町会自治会を中心に貸し出しをさせていただきたいと思っておりますが、今後はそういった環境等々の団体につきましても、次のステージとして貸出の対象について検討させて頂ければなと思っております。

 前向きの答弁です。測定機の貸し出しには抵抗感を示す議員もいますが、何とかこの方向で動いてもらいものです。

|2012-03-06T18:58:00+09:002012年3月6日|コメントはありません

コメントする