平和と戦争の記憶と記録 (2) ~市民の声ねりま・夏の企画から~

戦時中、子どもたちが遊んだ双六をもう一つ。

こちらは、大木合名會社という薬問屋が宣伝用に作成したもののようですが、タイトルは『無敵少年荒鷲空爆双六』。途中途中で「南京にバクダンを落とす」という指示があり、上りは南京陥落。内容からすると、1937年に配布されたのでしょうか。
戦争の性格と、戦争に国民が動員されていく空気が、伝わってきます。
|2017-08-22T10:07:00+09:002017年8月22日|コメントはありません

コメントする